恋人と選ぶ婚約指輪!

プロポーズの際に婚約指輪を贈るのは古い?

古くから、婚約指輪とはプロポーズの際に男性が自身のセンスで選んだ指輪を女性に贈るものとされてきました。ただし、結婚を前提に付き合っているカップル、子供を授かって結婚することになったカップル、指輪選びに自身のない男性あたりにおいては、プロポーズの後のタイミングなどで、2人で指輪を選んで女性が欲しいものをプレゼントするようなケースも増えてきています。そして、現在では婚約指輪を贈るタイミングや贈り方に関しては個人個人で考え方が異なるような状況となっています。そのため、男性のかたは古いしきたりに沿って無理に自分だけで婚約を選ばず、プロポーズは言葉だけ、もしくは低価格な仮指輪だけに留め、プロポーズの後で2人で最高の物を選ぶのもおすすめです。

購入する日はスペシャルな日にしましょう

プロポーズのあとで2人で婚約指輪を選んで購入する場合、選んで購入する日は、女性にとってプロポーズされた日同様に一生で最も大事な日の一つになります。そのため、男性側はロマンチックなレストランの予約、渡す際にかける誓いの言葉など、できるだけ時間をかけて最高の演出を考えましょう。また、せっかく女性が自分で一番欲しい指輪を選べるとしても、女性側に好きなブランドが明確にある場合、そこの店で選ばないと女性側の気分が盛り上がりませんので、高くても希望のブランドのお店に行くことを強くお勧めします。なお、彼女の好きなジュエリーブランドがあらかじめわかっている場合は、そのブランドの指輪の価格帯を調べ、そのブランドの指輪が買えるだけの貯蓄をあらかじめしておく努力も大事です。そして、彼女の好きなブランドの店で最高な商品を2人で買い、様々な演出も用意すれば彼女にとって最高の思い出になることは間違いありません。

そもそも結婚指輪とは、結婚の証として身につけるものです。夫婦の愛の誓いの証であり、自分にはパートナーがいることを周囲の人に知らせるものでもあります。

© Copyright Rings Crafted. All Rights Reserved.