婚約指輪はやっぱり必要?そのメリットとは

婚約指輪はやはり買っておく方が良い

近年、結婚指輪は買っても高価な婚約指輪は別途買わないカップルが増えてきているといいます。しかし、婚約指輪は結婚後にタンスや金庫などにしまいっ放しになるわけというわけではなく、パーティーや記念の食事・旅行、子供の行事などで着けていき、結婚後も長く活用できるものです。そして、男性側が本当に良いものを選べば、妻となる人の美しさを指輪によって引き立てることが出来るものです。そして、中途半端な気持ちではなく、本気で一生大事にする誠意を見せるという意味でも、結婚まできつい節約をしてでも買うべきものと言えます。そして、頑張って節約をして貯金を貯める理由を内緒にしていたとしても、指輪をもらうと彼女は「このためだったんだ」とすぐに気づきますので、誠意を見せるうえで最高の行為になります。

支出にはならないし、夫婦合意のもとで売ることも出来る

もし婚約指輪を買うか買わざるべきか迷っている場合は、(プロポーズがうまくいけば)一緒の世帯に入る人に対して贈るわけですので、「支出ではない」と考えると買う決心がつくはずです。そのため、結婚を前提としたお付き合いをしていてプロポーズの成功率が高いと思われる場合に限りますが、支出ではないという考え方をしてみるのもおすすめします。次に、買った後に関しても前述通り、大事な行事などで活用できますし、生活に困り果ててしまったような場合は、2人が納得した上で売却して生活を大いに助けてくれる場合もあります。そのため、タンス預金や年金・定期預金と同じような側面もあり、買った後で得することはあっても損することは特にありませんので、やはり婚約指輪は買っておくべきものといえます。

© Copyright Rings Crafted. All Rights Reserved.